次長(読み)ジチョウ

デジタル大辞泉の解説

じ‐ちょう〔‐チヤウ〕【次長】

役所や会社で、長の次の地位にあって、長を補佐する。また、その職にある人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じちょう【次長】

官庁・会社などで、長の次に位して、長を補佐する職。また、その人。 「管理局-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の次長の言及

【資格制度】より

…等級の数は企業により異なり,数段階のものから十数段階に及ぶものもある。資格等級は表にも示されているように部長―次長―課長―係長という通常の役職位(ポスト)と対応してはいるが,むしろ厳密な対応をもたせないことをその特質としている。たとえば表の7等級には課長が対応するが,係長のなかで上位の者(たとえば重要な係の係長,古参の係長,課長と同等の職務遂行能力があるにもかかわらず課長ポストが空席でないために係長にとどまっている者など)も7等級に格付けすることが,むしろ通例である。…

※「次長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

次長の関連情報