役所(読み)ヤクショ

デジタル大辞泉の解説

やく‐しょ【役所】

役人が公務を取り扱う所。官公庁。
戦陣で、各将士が本拠とする詰所。
「己が―に走り入り、火を懸けて腹掻き切って死ににけり」〈太平記・二八〉
中世、関所のこと。〈黒本本節用集
遊里で、遊女の出る張り見世
「昨日は風邪の心地にて―をも引き居りしままっさ」〈滑・浮世床・初〉

やく‐どころ【役所】

その人にふさわしい役目。「役所をわきまえた人」
与えられた役目

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やくしょ【役所】

役人が公の仕事をする所。官庁。役場。
戦陣で、将士が本拠としている所。 「津々山の-を双べて居たりけるが/太平記 34
中世、関所の異称。〔節用集 文明本

やくどころ【役所】

その人にふさわしい役・役目。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やく‐しょ【役所】

〘名〙
① 役(やく)を課せられた所。賦役(ぶやく)を負担する地域。
※吾妻鏡‐弘長元年(1261)二月二五日「若張。於路次。致狼藉之由有其聞
② 役人が公務を取り扱う所。現在は、国家や地方自治体の事務を取り扱う所。官庁。官署。役場。
※黄表紙・高漫斉行脚日記(1776)下「青砥左衛門のやく所へうったへいでける」 〔宋史‐王能伝〕
③ 戦陣で、各将士の本拠とする詰所。軍務を処理する所。
※近衛家本追加‐弘安七年(1284)一一月~八年一一月「寄役所自由合戦事」
④ 中世、関所の異称。〔文明本節用集(室町中)〕
⑤ 遊里で、遊女の出る張見世をいう。
洒落本・水月ものはなし(1758)中「折節見世(ヤクショ)へ出る小袖も、同じ物はせつなく」
⑥ 検番の事務所。
※洒落本・中洲の花美(1789)小通の登楼「見番いかめしく芸者役所とかいつけし方灯(あんどう)を出し」

やく‐どこ【役所】

※漫談集(1929)節劇といふもの〈大辻司郎〉「世間を憚かった様子で顔を隠してゐます役(ヤク)どこが気に入らないだらうとは察しますが」

やく‐どころ【役所】

〘名〙 その人にふさわしい役。適した役目。ちょうどいい役柄。また、振り当てられた役、役目、役割。
※苦笑風呂(1948)〈古川緑波〉ロッパ放談「所謂ボケといふ役どころで、曾我廼家蝶六といふ名優の行き方に似たものである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

役所の関連情報