コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正地向斜 せいちこうしゃorthogeosyncline

岩石学辞典の解説

正地向斜

クラトンに隣接したり分離したりする狭い長い地溝で,最終的にはアルプス型の褶曲山脈となって隆起する.スティレなど多くの研究者は正地向斜は真の地向斜と考えている[Stille : 1936].この型の状態を地向斜として限定する考えがある[Aubouin : 1965].堆積層が後にアルプス造山運動を受けた地向斜である[木村ほか : 1973].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

正地向斜の関連キーワードエピユー地向斜タフロ地向斜エクソ地向斜沿大陸地向斜ユー地向斜ミオ地向斜クラトン

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android