コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正規化 せいきか

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

正規化

リレーショナルデータベースで、表の関連性を失わないように項目を整理して表を分離すること。正規化することで、データの更新や削除が容易に行えるようになり、データを効率的に管理できるようになる。正規化には第一正規化から第五正規化までの5段階の手順があるが、一般的には第三正規化まで行われる。第一正規化は、繰り返し項目を分離して独立した行にすること。第二正規化は、主キーが決まればひととおり決まる項目を取り出し、表を分離すること。第三正規化は、主キー以外の項目間に従属関係があれば、それらを取り出して表を分離すること。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せいき‐か〔‐クワ〕【正規化】

[名](スル)一定の規則に従い、データを変形し利用しやすくすること。リレーショナルデータベースの設計でよく用いられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

正規化の関連情報