コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正視眼 セイシガン

デジタル大辞泉の解説

せいし‐がん【正視眼】

正視2」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいしがん【正視眼】

正常の屈折状態を有する眼。正視眼では調節作用が起こっていない時に無限遠の距離から来る光が網膜上に結像する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

正視眼の関連キーワード調節作用無限遠眼軸長輻輳遠点

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android