正視(読み)セイシ

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
正面からまっすぐに見ること。まともに見ること。直視。「正視するに忍びない」
正常な視力をもつ目。正常の調節作用によって、平行光線が網膜上に正しくを結ぶ目。正視眼

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
まっすぐに見つめること。対象を正面から見つめること。 -するにしのびない

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (━する) まっすぐに見ること。まともに見ること。正面から見ること。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉三「白光を発すること甚だ強く、全室の暗きも、白昼に異ならず、之を正視すれば、目を傷るべし」 〔春秋左伝‐定公五年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の正視の言及

【屈折異常】より

…この調節力をもっともはたらかせて見える点を近点といい,網膜上に像を結びうるもっとも遠い点を遠点という。したがって,正視では遠点は無限遠ということになる。こうした眼の調節は自律神経によって支配される。…

※「正視」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正視の関連情報