武腰敏昭(読み)たけごし としあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武腰敏昭 たけごし-としあき

1940- 昭和後期-平成時代の陶芸家。
昭和15年2月1日生まれ。泰山窯3代。昭和32年日展初入選。38年日本現代工芸展初入選。同年日展入選。平成8年日展評議員。同年北国文化賞。9年「春来るらし」で日工会展内閣総理大臣賞。13年「静寂(しじま)」で日展内閣総理大臣賞。17年金沢学院大教授。22年「湖畔・彩釉花器」で芸術院賞。同年芸術院会員。石川県出身。金沢美術工芸大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

武腰敏昭の関連情報