湖畔(読み)コハン

デジタル大辞泉「湖畔」の解説

こはん【湖畔】[絵画]

黒田清輝による油絵箱根芦ノ湖自然背景に、浴衣姿で団扇を手にした女性を描いたもの。明治30年(1897)、第2回白馬会展に「避暑」の題名出品。その後「避暑(湖辺婦人)」「Au bord du lac」などのを経て現題となった。明治33年(1900)開催のパリ万博にも出品された黒田の代表作。国の重要文化財東京国立博物館蔵。

こ‐はん【湖畔】

湖のほとり。湖のそば。「湖畔を逍遥する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「湖畔」の解説

こ‐はん【湖畔】

〘名〙 みずうみのほとり。湖水の付近。
※孔雀楼文集(1774)湖北道中「村静山遙湖畔路、楡柳影沈日将暮」 〔常建‐鄂渚招王昌齢張詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android