コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歯振 アサリ

デジタル大辞泉の解説

あさり【歯振】

のこぎりの歯の先端を、一歯ごとに左右に開くこと。また、その広がり。挽(ひ)き道の幅を広げて、のこ身の摩擦を少なくしたり、おがくずを出やすいようにしたりする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あさり【歯振】

のこぎりの身と切り口との摩擦抵抗を減らすため、鋸の歯を交互に左右に振り分けること。目振り。振歯ふりば。 「 -出し」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

歯振の関連キーワード振り歯・振歯胴付き鋸目立て目振り出し