動作(読み)どうさ

精選版 日本国語大辞典「動作」の解説

どう‐さ【動作】

〘名〙 何か事を行なおうとして、からだを動かすこと。また、その動き。たちいふるまい。挙動。所作。
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)六「こころの動作(トウサ)(〈注〉ウコカセル)するところ」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉八「肢体を動作せしむることにして」 〔春秋左伝‐成公一三年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「動作」の解説

どう‐さ【動作】

[名](スル)
何かをしようとして、からだを動かすこと。また、そのときのからだの動き。「合図の動作」「きびきびとした動作
機械類が作動すること。「工作機が複雑に動作する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の動作の言及

【身ぶり語】より


[動作と身ぶりのあいだ]
 生のあるかぎり,人間がほとんどたえまなく行う身体運動のうちには,他者へのコミュニケーションを目的とする,伝達的,表現的な動作があるが,これらは一般に〈身ぶり〉とよばれる。身ぶりのなかには,ことばにひとり言があるのと同様に,指折り数える動作のようにむしろ自己伝達的なものもある。…

※「動作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android