コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歴山 レキザン

デジタル大辞泉の解説

れき‐ざん【歴山】

中国、山東省済南の南方にある山。舜(しゅん)が、ここで耕作したと伝える。隋代に建てられた千仏寺がある。千仏山。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

れきざん【歴山】

舜が耕作したと伝えられる山。中国、山東省済南の南にある千仏山、山西省蒲州にある歴山など各所にある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

歴山の関連キーワード杵屋 弥三郎(7代目)小田 常太郎石原 初太郎重野 謙次郎紀藤 閑之介望月 与三郎内藤 文治良奥田 正治良秋山 源兵衛紺野 与次郎本間 光弥前田 二平松浦 東介横山 助成恵藤 一郎駒林 広運宮田 勝男近藤 富重輪島 如水薬袋 義一

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android