死に光(読み)シニビカリ

デジタル大辞泉の解説

しに‐びかり【死に光】

死に際のりっぱなこと。また、死後に残る栄光。死に花
「―のして、折しも十月十五日、浄土は願ひのままに」〈浮・永代蔵・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android