死を視ること帰するが如し(読み)シヲミルコトキスルガゴトシ

デジタル大辞泉の解説

死(し)を視(み)ること帰(き)するが如(ごと)し

《「大戴礼」曽子制言上から》ぬことを、家に帰ることと同じように思う。死に臨んで、恐れないようすをいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しをみることきするがごとし【死を視ること帰するが如し】

〔大戴礼 曽子制言上
死ぬことを我が家に帰るように思う。従容として死を恐れぬ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android