コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大戴礼 ダイタイレイ

デジタル大辞泉の解説

だいたいれい【大戴礼】

中国の経書。85編。そのうち39編が現存。前漢の戴徳撰。漢代以前の諸儒学者の礼説を集成したもの。大戴記。だたいれい。→礼記(らいき)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だいたいれい【大戴礼】

だたいれい【大戴礼】

儒家の礼に関する古い記録を整理し、その理論と解説を記したもの。前漢の戴徳編。八五編中、三九編が現存。「礼記らいき」(小戴礼)はこれをさらに整理したものといわれる。だいたいれい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大戴礼
だたいれい

前漢に存在した儒教文献のうち、『礼(れい)』の『記』『孔子三朝記』『曽子(そうし)』などを材料として、85篇(へん)に編纂(へんさん)された書物。『大戴礼記(だたいらいき)』ともいう。39篇のみ現存し、古代の礼関係の貴重な資料を伝える。鄭玄(じょうげん)以来、前漢の戴徳(たいとく)(甥(おい)の戴聖(たいせい)が小戴とよばれるのに対して大戴(だいたい)という)の編とされてきたが、古文学系の資料を含んでいることから、後漢(ごかん)の学風に近いもので、戴徳との関係は疑わしいという説もある。北周の盧辯(ろべん)の注があるが簡略で、清朝(しんちょう)考証学者の注釈、孔広森(こうこうしん)の『大戴礼記補注』、王聘珍(おうへいちん)の『大戴礼記解詁(かいこ)』などが参考になる。[高橋忠彦]
『新田大作著『大戴礼』(1972・明徳出版社・中国古典新書) ▽王聘珍著『大戴礼記解詁』(1983・中華書局)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大戴礼の関連キーワード死を視ること帰するが如し大学(中国)三従七去孔子家語田辺楽斎小戴礼孔広森孫詒譲盧文弨三不去曽子儒家青史礼記四徳戴聖七去五穀曾子

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android