コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呂氏春秋 りょししゅんじゅう Lü-shi chun-qiu

5件 の用語解説(呂氏春秋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呂氏春秋
りょししゅんじゅう
Lü-shi chun-qiu

中国,秦の百科全書的史論書。『呂覧』ともいう。秦の呂不韋編纂。 26巻。成立年未詳であるが,その大部分は戦国末の史料と想定される。8覧,6論,12紀から成る雑家の代表的書籍。孔子が編纂したという『春秋』にならって呂不韋が当時の学者を集めて作成させたといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りょししゅんじゅう〔リヨシシユンジウ〕【呂氏春秋】

中国、秦の宰相呂不韋(りょふい)が門下に集まった食客の著作を編集した書。26巻。道家儒家思想を主とし、先秦の諸家の学説を網羅したもので、12紀・8覧・6論からなる。呂覧(りょらん)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りょししゅんじゅう【呂氏春秋 Lǚ shì chūn qiū】

中国における戦国諸家の説を集めた一種の百科全書。26巻。戦国末の四君(信陵君,春申君,平原君,孟嘗君)が食客を集め勢力を有していたことに対抗して,秦の丞相呂不韋(りよふい)が食客を集め,彼らに編纂させた。前239年ころに完成,呂不韋は都の市門にそれをかけ,一字でも増損できる者がおれば千金を与えると言ったとの話がある。八覧,六論,十二紀で構成され,覧と論はそれぞれ8部8編,6部6編からなる。八覧第1部は1編が失われ,また後人の手が加わった個所もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りょししゅんじゅう【呂氏春秋】

中国、秦の呂不韋りよふいが学者に命じて編集させた書。二六巻。成立年代不明。諸子百家の思想をはじめ天文・地理などの学説や伝説に至るまで網羅する。呂覧りよらん

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

呂氏春秋
りょししゅんじゅう

中国、先秦(しん)の諸学説や諸説話を集めた一種の百科全書。26巻。秦の呂不韋(りょふい)(?―前235)の撰(せん)。彼は戦国末の趙(ちょう)の富商で、秦の始皇帝(しこうてい)の父、荘襄(そうじょう)王の王位継承に大功があり、丞相(じょうしょう)に任ぜられ、文信侯(ぶんしんこう)に封ぜられて権力を極めたが、のちに醜聞が発覚して自殺した。彼には3000人の食客(しょっかく)がいたといわれ、彼らに著述させたものを編集したのが『呂氏春秋』である。初め「八覧」「六論」「十二紀」の順序であったので「呂覧(りょらん)」ともいうが、現在は「十二紀」「八覧」「六論」の順になっている。この書は二十余万言からなり、「十二紀」の終わりの「序意篇(へん)」によると、人々をして自然の大道を知って、人倫実践の規範を悟らしめることを目的とした書である。「十二紀」は、孟春(もうしゅん)、仲春(ちゅうしゅん)、季(き)春、孟夏、仲夏、季夏、孟秋、仲秋、季秋、孟冬、仲冬、季冬の各紀五篇と序意の計61篇、「八覧」は、有始、孝行、慎大、先識、審分(しんぶん)、審応、離俗、恃君(じくん)の各覧八篇(有始のみ七篇)の計63篇、六論は、開春、慎行、貴直、不苟(ふこう)、似順(じじゅん)、士容の各論六篇の計36篇で構成され、儒家(じゅか)、法家、道家、墨家(ぼっか)、陰陽(いんよう)家、兵家、農家など諸子百家の説が含まれ、秦代思想史研究の唯一の資料である。この書の注は後漢(ごかん)の高誘(こうゆう)のものがもっとも古い。[中村璋八]
『内野熊一郎・中村璋八著『呂氏春秋』(1976・明徳出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の呂氏春秋の言及

【時令】より

…〈月令〉は春秋時代の作とされる《逸(いつ)周書》中の一篇としてつとに存在したが,その本文は失われて伝わらない。また,《呂氏春秋》十二紀篇に《礼記》月令篇とほぼ同文を収めるが,ここでは後者によってその一端を見てみよう。まず1年を12月に分かったのち,各月について(1)その月の太陽・星の位置,(2)陰陽五行論にもとづいた,日・帝・神・動物・音・律・数・味・臭・祭祀などの配当,(3)その月に現れる自然現象や動植物の活動,(4)以上に応じた天子の起居,飲食,衣服,道具,(5)および儀礼,政務,法令,農事などを記し,(6)その月にそむいた時令を行えば天変地異が生じる,と結ばれる。…

※「呂氏春秋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

呂氏春秋の関連キーワード家の集印譜歌集刑名学叢説祖述百家説林種間托卵類林王惟一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone