コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気憎し ケニクシ

デジタル大辞泉の解説

け‐にく・し【気憎し】

[形ク]
なんとなく憎らしい。
「寄りて傍に伏すに、女、―・くも驚かず」〈宇治拾遺・九〉
そっけない。愛想がない。
「然(さ)やは―・く仰せ言を映えなうもてなすべき」〈・二三〉
気詰まりであるさま。けむたい。
「兄(せうと)の家なども―・きはさぞあらむ」〈・一七九〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けにくし【気憎し】

( 形ク )
何となく気に入らない。 「 - ・く、心づきなき山伏どもなども、いと多くまゐる/源氏 柏木
気づまりだ。けむたい。 「せうとの家なども、-・きはさぞあらむ/枕草子 179

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

気憎しの関連キーワード枕草子仰せ言らむ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android