コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛想 アイソ

デジタル大辞泉の解説

あい‐そ【愛想】

《「あいそう」の音変化》
人に接するときの態度。また、人当たりのいい態度。「店員の愛想のいい店」「愛想のない返事」
人に対する好意・信頼感。「愛想を尽かす」
(多く「お愛想」の形で)
㋐相手の機嫌をとるための言葉・振る舞い。「愛想を言う」「お愛想で食事に誘う」
㋑客などに対するもてなし・心遣い。「何の愛想もなくてすみません」
㋒飲食店などの勘定。「お愛想願います」
[補説]「愛想をふりまく」という言い方について→愛嬌(あいきょう)[補説]
愛嬌(あいきょう)[用法]

あい‐そう〔‐サウ〕【愛想】

あいそ(愛想)」に同じ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あいそ【愛想】

〔「あいそう(愛想)」の転〕
人に対する応対の仕方。好感をもたれる言葉遣い・表情・態度など。 「 -がいい」 「 -のない人」
人を喜ばせるための言葉や振る舞い。 「 -を言う」
相手に抱いている好意。 「 -が尽きる」
特別な心遣い・もてなし・心付けなど。 「何の-もございませんで…」
飲食店などの勘定・勘定書。 〔 は「おあいそ」の形が多い〕

あいそう【愛想】

あいそ(愛想) 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

愛想の関連情報