愛想(読み)アイソ

デジタル大辞泉「愛想」の解説

あい‐そ【愛想】

《「あいそう」の音変化》
人に接するときの態度。また、人当たりのいい態度。「店員の愛想のいい店」「愛想のない返事」
人に対する好意・信頼感。「愛想尽かす
(多く「お愛想」の形で)
㋐相手の機嫌をとるための言葉・振る舞い。「愛想を言う」「お愛想で食事に誘う」
㋑客などに対するもてなし・心遣い。「何の愛想もなくてすみません」
㋒飲食店などの勘定。「お愛想願います」
愛嬌あいきょう[用法]
[補説]「愛想をふりまく」という言い方について→愛嬌あいきょうをふりまく[補説]
[類語](1愛嬌あいきょう可憐かれんかわいいいじらしいあどけない愛らしいキュートほおえましいほほえましい愛愛しいいとおしいいとしい愛くるしいかわいらしいしおらしいめんこいいたいけしとやかほのぼのほんわかなごむなごやか憎めないチャーミング癒やし系癒やすラブリーがんぜないいとけない/(3)㋐世辞べんちゃら追従おべっか社交辞令外交辞令上手仲人口/(3)㋑もてなす供応馳走ふるまう饗する相伴遇する接待歓待構いお構い接客もてなし椀飯おうばん振る舞い造作/(3)㋒会計勘定支払い精算レジ代金お代清算決済チェック締める(〆る)・料金愛想あいそ代価手数料月謝有料対価手間賃賃金使用料送料倉敷料原稿料入場料木戸銭授業料口銭湯銭運賃借り賃貸し賃宿賃店賃たなちん家賃間代部屋代室料席料席代下宿代場所代場代地代

あい‐そう〔‐サウ〕【愛想】

あいそ(愛想)」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android