コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛想 アイソ

デジタル大辞泉の解説

あい‐そ【愛想】

《「あいそう」の音変化》
人に接するときの態度。また、人当たりのいい態度。「店員の愛想のいい店」「愛想のない返事」
人に対する好意・信頼感。「愛想を尽かす」
(多く「お愛想」の形で)
㋐相手の機嫌をとるための言葉・振る舞い。「愛想を言う」「お愛想で食事に誘う」
㋑客などに対するもてなし・心遣い。「何の愛想もなくてすみません」
㋒飲食店などの勘定。「お愛想願います」
[補説]「愛想をふりまく」という言い方について→愛嬌(あいきょう)[補説]
愛嬌(あいきょう)[用法]

あい‐そう〔‐サウ〕【愛想】

あいそ(愛想)」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あいそ【愛想】

〔「あいそう(愛想)」の転〕
人に対する応対の仕方。好感をもたれる言葉遣い・表情・態度など。 「 -がいい」 「 -のない人」
人を喜ばせるための言葉や振る舞い。 「 -を言う」
相手に抱いている好意。 「 -が尽きる」
特別な心遣い・もてなし・心付けなど。 「何の-もございませんで…」
飲食店などの勘定・勘定書。 〔 は「おあいそ」の形が多い〕

あいそう【愛想】

あいそ(愛想) 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

愛想の関連キーワードそっぺいが無い愛想をふりまく見下げ果てるぶっきらぼう笑中に刀ありぶっきら棒手持ち悪しくすみ返る鰾膠も無いくすみきる鮸膠も無い素気無い尽果てる思ひ放つ突っ慳貪外交辞令鮸膠無いつこうど鰾膠無い腰が低い

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛想の関連情報