二三(読み)にさん

精選版 日本国語大辞典「二三」の解説

に‐さん【二三】

〘名〙
① ふたつみっつ。少ないにいう語。いくらか。すこし。
※造化妙々奇談(1879‐80)〈宮崎柳条〉二編「其衷(ちう)を探れば、則ち彼は其心を二三(ニサン)(〈注〉ウワキ)にし、(せう)は一つに貞堅を播(と)る」
② 二と三。
③ 江戸時代に、遊里で用いられた客の替名(かえな)。五兵衛、五郎兵衛などの「五」を分解したものという。
※浮世草子・好色一代女(1686)一「長崎屋出羽あげづめにせし二三といへる男」
④ 藤八拳(とうはちけん)のこと。二人が対座して、庄屋鉄砲に見たてた三種類の両手のかたちによって勝負を決するところから、その「二」と「三」をとっていう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「二三」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android