コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気球に乗って五週間

1件 の用語解説(気球に乗って五週間の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

気球に乗って五週間

フランスの作家ジュール・ヴェルヌの長編冒険小説(1863)。原題《〈仏〉Cinq semaines en balloon》。三人のイギリス人主人公にしたアフリカ探検もの。『気球旅行の五週間』『空中旅行三十五日』『アフリカ横断飛行』『アフリカ横断三十五日』などの邦題もある。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

気球に乗って五週間の関連キーワード南十字星アドリア海の復讐黄金の流星氷のスフィンクスサハラ砂漠の秘密ジャンガダジュール・ヴェルヌ彗星飛行征服者ロビュール世界の支配者

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone