三人(読み)みたり

精選版 日本国語大辞典「三人」の解説

み‐たり【三人】

〘名〙 さんにん。
※宇津保(970‐999頃)吹上上「われもわれもと、男一りに女ふたりみたりつきてなんある」
[語誌]鎌倉室町時代には、訓点資料にわずかながらミタリがあるが、仮名文学には見えない。室町時代以降の例は、学者作家が作り上げた擬古的なものであろう。

さん‐にん【三人】

〘名〙 人数の三。また、その人々。三名。みたり。
※天草本平家(1592)一「シュンクヮン サウヅ ト、ヤスヨリ ト、コノ ショウシャウ アイグシテ sannin(サンニン) サツマ ノ キカイ ガ シマ エ ナガサレテ ゴザッタ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「三人」の解説

さん‐にん【三人】

人数が3であること。

み‐たり【三人】

さんにん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android