三人(読み)みたり

精選版 日本国語大辞典の解説

み‐たり【三人】

〘名〙 さんにん。
※宇津保(970‐999頃)吹上上「われもわれもと、男一りに女ふたりみたりつきてなんある」
[語誌]鎌倉、室町時代には、訓点資料にわずかながらミタリがあるが、仮名文学には見えない。室町時代以降の例は、学者や作家が作り上げた擬古的なものであろう。

さん‐にん【三人】

〘名〙 人数の三。また、その人々。三名。みたり。
※天草本平家(1592)一「シュンクヮン サウヅ ト、ヤスヨリ ト、コノ ショウシャウ アイグシテ sannin(サンニン) サツマ ノ キカイ ガ シマ エ ナガサレテ ゴザッタ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android