水流れて元の海に入り月落ちて天を離れず(読み)ミズナガレテモトノウミニイリツキオチテテンヲハナレズ

デジタル大辞泉の解説

水(みず)流れて元(もと)の海に入(い)り月落ちて天を離れず

《「甲陽軍鑑・一二」から》水は流れても元の海に入るし、月は西に落ちても空から離れない。本性を離れることはできないというたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android