本性(読み)ホンショウ

デジタル大辞泉の解説

ほん‐しょう〔‐シヤウ〕【本性】

《古くは「ほんじょう」とも》本来もっている性質。生まれながらの性質。ほんせい。「本性をあらわす」
本心。また、正気。「酔って本性を失う」

ほん‐せい【本性】

ほんしょう(本性)」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本性 ほんしょう

?-? 鎌倉-南北朝時代の僧。
法相(ほっそう)宗。大和(奈良県)般若(はんにゃ)寺の住僧元弘(げんこう)の乱(1331)で笠置(かさぎ)山にのがれた後醍醐(ごだいご)天皇が六波羅(ろくはら)の兵に攻囲された際,大石を敵中になげて多数を殺傷,寄せ手をしりぞけたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほんしょう【本性】

〔古くは「ほんじょう」とも〕
生まれつきの性質。本来の性質。 「 -を暴露する」 「 -を現す」
正気。本心。 「 -ヲウシナウ/日葡」

ほんせい【本性】

ほんしょう(本性)」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほん‐しょう ‥シャウ【本性】

〘名〙
① (古くは「ほんじょう」とも) うまれつき。本来の性質。本質。天性。ほんせい。また、しっかりした心がまえ。
※菅家後集(903頃)哭奥州藤使君「唯要持本性、終無傾倚
② もとの正体。本心。正気。本地。
※大観本謡曲・巻絹(1537頃)「狂ひ覚めて、又本性(ほんしゃう)にぞなりにける」

ほん‐せい【本性】

※教育・心理・論理術語詳解(1885)「本性(ホンセイ)〈略〉経験ニ由ラズ教育ニ由ラズシテ生レナガラニ具備スル能力ヲ本性ト云フ」 〔漢書‐匡衡伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本性の関連情報