コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本性 ホンショウ

デジタル大辞泉の解説

ほん‐しょう〔‐シヤウ〕【本性】

《古くは「ほんじょう」とも》本来もっている性質。生まれながらの性質。ほんせい。「本性をあらわす」
本心。また、正気。「酔って本性を失う」

ほん‐せい【本性】

ほんしょう(本性)」に同じ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本性 ほんしょう

?-? 鎌倉-南北朝時代の僧。
法相(ほっそう)宗。大和(奈良県)般若(はんにゃ)寺の住僧元弘(げんこう)の乱(1331)で笠置(かさぎ)山にのがれた後醍醐(ごだいご)天皇が六波羅(ろくはら)の兵に攻囲された際,大石を敵中になげて多数を殺傷,寄せ手をしりぞけたという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほんしょう【本性】

〔古くは「ほんじょう」とも〕
生まれつきの性質。本来の性質。 「 -を暴露する」 「 -を現す」
正気。本心。 「 -ヲウシナウ/日葡」

ほんせい【本性】

ほんしょう(本性) 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

本性の関連キーワード酒の酔い本性違わず酒飲み本性たがわず酒の酔い本性忘れず酒飲み本性違わず化けの皮を剝がす生酔い本性違わずアニマルライツ化けの皮を現す鍍金が剝げる金箔が剝げる地金を出す南北朝時代仮面を被るネーチャー仮面を脱ぐ地が出る我を出すナツーラ猫を被る凡聖一如

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本性の関連情報