本性(読み)ホンショウ

  • ほんしょう ‥シャウ
  • ほんしょう〔シヤウ〕
  • ほんせい
  • 本性 ほんしょう

デジタル大辞泉の解説

《古くは「ほんじょう」とも》本来もっている性質。生まれながらの性質。ほんせい。「本性をあらわす」
本心。また、正気。「酔って本性を失う」
ほんしょう(本性)」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (古くは「ほんじょう」とも) うまれつき。本来の性質。本質。天性。ほんせい。また、しっかりした心がまえ。
※菅家後集(903頃)哭奥州藤使君「唯要持本性、終無傾倚
② もとの正体。本心。正気。本地。
※大観本謡曲・巻絹(1537頃)「狂ひ覚めて、又本性(ほんしゃう)にぞなりにける」
※教育・心理・論理術語詳解(1885)「本性(ホンセイ)〈略〉経験ニ由ラズ教育ニ由ラズシテ生レナガラニ具備スル能力ヲ本性ト云フ」 〔漢書‐匡衡伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本性の関連情報