コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水田の汎用化

1件 の用語解説(水田の汎用化の意味・用語解説を検索)

農林水産関係用語集の解説

水田の汎用化

通常の肥培管理で麦・大豆等の畑作物を栽培できるよう、水田に排水路や暗きょ(地下水位を調整するため地中に埋めた有孔パイプ等の排水施設)を整備して水はけを良くすること。これらは主にほ場整備により実施される。

出典|農林水産省
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水田の汎用化の関連キーワード後作間作露地栽培ハウス栽培一毛作表作トンネル栽培夏作物畑作資源作物

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone