地中(読み)じちゅう

精選版 日本国語大辞典「地中」の解説

じ‐ちゅう ヂ‥【地中】

〘名〙
① =ちちゅう(地中)日葡辞書(1603‐04)〕
浄瑠璃の節章の一つ。「地」のもっとも基本的な曲節で、二の糸、古くは一の音の高さで語るもの。地ハル・地ウ・地色とともに四地の一つ。
※浄瑠璃・舎利(1683)一「地中守彦通憲両人は姿をやつしつれ立て」
※歌舞伎・独道中五十三駅(1827)五「講頭(かうがしら)の私し、その外、総地中(そうヂチウ)、いかばかりか有り難き仕合せにござります」
※人情本・春色伝家の花(1841)三「長谷寺観音の境内に妙音院といふ地中(ヂチウ)あり」

ち‐ちゅう【地中】

〘名〙
① (「ぢちゅう」とも) 大地のなか。土のなか。地面のうち。地下。
※経国集(827)一・小山賦〈石上宅嗣〉「天下有山、地中生木、小人以遠、君子所育」
※日葡辞書(1603‐04)「Gichǔ(ヂチュウ)。ツチノ ナカ」 〔孟子‐滕文公下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

侍ジャパン

国際野球試合における野球日本代表の愛称。SAMURAI JAPAN(サムライ・ジャパン)とも記される。国際野球連盟(IBAF)主催・公認の各種大会・試合に出場し、オリンピックでは1984年のロサンゼル...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android