地中(読み)チチュウ

精選版 日本国語大辞典の解説

じ‐ちゅう ヂ‥【地中】

〘名〙
① =ちちゅう(地中)〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 浄瑠璃の節章の一つ。「地」のもっとも基本的な曲節で、二の糸、古くは一の音の高さで語るもの。地ハル・地ウ・地色とともに四地の一つ。
※浄瑠璃・舎利(1683)一「地中守彦通憲両人は姿をやつしつれ立て」
※歌舞伎・独道中五十三駅(1827)五「講頭(かうがしら)の私し、その外、総地中(そうヂチウ)、いかばかりか有り難き仕合せにござります」
※人情本・春色伝家の花(1841)三「長谷寺観音の境内に妙音院といふ地中(ヂチウ)あり」

ち‐ちゅう【地中】

〘名〙
① (「ぢちゅう」とも) 大地のなか。土のなか。地面のうち。地下。
※経国集(827)一・小山賦〈石上宅嗣〉「天下有山、地中生木、小人以遠、君子所育」
※日葡辞書(1603‐04)「Gichǔ(ヂチュウ)。ツチノ ナカ」 〔孟子‐滕文公下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地中の関連情報