コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大豆 オオマメ

4件 の用語解説(大豆の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おお‐まめ〔おほ‐〕【大豆】

ダイズの別名。

だい‐ず〔‐ヅ〕【大豆】

マメ科の一年草。高さ約60センチ。茎の先はやや蔓(つる)状になり、全体に粗い毛がある。葉は3枚の小葉からなる複葉。夏から秋、紫紅色か白色の蝶形花を開き、莢(さや)の中にふつう2、3個の種子ができる。中国の原産。若い実は枝豆としてゆでて食べ、熟した種子は豆腐味噌醤油などに広く利用する。みそまめ。あぜまめ。おおまめ。
[補説]種子は、たんぱく質と脂肪を豊富に含むことから「畑の肉」ともよばれる。乾燥した種子100グラム中のたんぱく質は35.3グラム、脂質は19.0グラム。対して、和牛もも肉の赤身100グラム中に含まれるたんぱく質は20.7グラム、脂質は10.7グラムとなっている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おおまめ【大豆】

ダイズのこと。 〔本草和名〕

だいず【大豆】

マメ科の一年草。中国原産とされ、日本への渡来は古く、畑作物として栽培される。高さ約60センチメートル。全体に粗毛がある。葉は三小葉から成る複葉。夏、葉腋に淡紫色の蝶形花をつけ、豆果を結ぶ。種子は緑・淡黄・黒など。大豆油を絞るほか、味噌・醬油・豆腐の原料、また黄な粉などとする。若い豆果は枝豆えだまめと称してゆでて食べる。 [季] 秋。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大豆の関連キーワードビスカリア有田草河原決明草合歓車軸草狸豆トルコ桔梗雛豆米茅シカクマメ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大豆の関連情報