コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水蝋蝋虫 イボタロウムシ

1件 の用語解説(水蝋蝋虫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いぼたろう‐むし〔いぼたラフ‐〕【水×蝋虫】

イボタロウカタカイガラムシの俗称。雌の成虫は暗褐色の約1センチの丸い殻を作り、5月ごろ産卵。雄は、7月ごろからイボタノキネズミモチなどに寄生し、白色の蝋を分泌し、中でさなぎとなる。成虫は体長3ミリほどで、透明な2枚の翅(はね)をもつ。→いぼたろう

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水蝋蝋虫の関連キーワード水蝋貝殻虫水蝋の虫水蝋蝋水蝋蝋硬貝殻虫貝殻虫ルビー蝋虫ルビーロウムシイボタロウカイガラムシハンエンカタカイガラムシヒラタカタカイガラムシ