コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼠黐 ネズミモチ

デジタル大辞泉の解説

ねずみ‐もち【××黐】

モクセイ科の常緑低木。暖地に自生。葉は楕円形でつやがあり、モチノキに似る。夏、白色の小花を円錐状に密につけ、果実は楕円形で黒紫色に熟し、ネズミの糞(ふん)に似る。生垣に使われ、剪定(せんてい)に強い。たまつばき。ひめつばき。ねずもち。 花=夏 実=冬》

ねず‐もち【××黐】

ねずみもち

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ねずみもち【鼠黐】

モクセイ科の常緑低木。暖地に自生。生け垣・庭木とする。高さ約2メートル。葉は対生し、卵形で厚く光沢がある。六月頃、枝先に香りのある白色小花を円錐形に密生。果実は楕円形で、晩秋、紫黒色に熟す。乾燥したものは生薬の女貞子じよていしといい、強壮薬とする。タマツバキ。タズノキ。ネズモチ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鼠黐 (ネズミモチ・ネズミモチノキ)

学名:Ligustrum japonicum
植物。モクセイ科の常緑低木,園芸植物,薬用植物

鼠黐 (ネズモチ)

植物。モチノキ科の常緑低木・小高木,園芸植物。イヌツゲの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

鼠黐の関連キーワード円錐形生け垣

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android