コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水霧らふ ミナギラウ

デジタル大辞泉の解説

みな‐ぎら◦う〔‐ぎらふ〕【霧らふ】

[連語]水しぶきが立ち続ける。
「―◦ふ沖つ小島に風をいたみ舟寄せかねつ心は思へど」〈・一四〇一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みなぎらう【水霧らふ】

( 連語 )
〔「ふ」は継続の助動詞〕
霧がかかったように、水しぶきがたち続ける。 「 - ・ふ沖つ小島に風を疾いたみ/万葉集 1401

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

水霧らふの関連キーワード連語

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android