コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上代 ジョウダイ

大辞林 第三版の解説

じょうだい【上代】

大昔。昔。以前。 「 -こそ猶も目出たけれ/平家 11
日本の歴史上の、特に文学史・国語史における時代区分の一。主として、奈良時代にあたる。
王朝風であること。転じて、おっとりとしていること。 「職員生徒悉く-樸直の気風を帯びて居る/坊っちゃん 漱石
商取引の用語で、販売価格(小売価格)のこと。 「 -価格」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

上代の関連キーワード秋田県秋田市上新城五十丁広島県福山市熊野町仮字遣奥山路坊っちゃん鳥の磐樟船古代文学津田事件家永三郎武田祐吉佐伯梅友琴の組上つ世肥人書倭文鞍荒蝦夷大刀自熟蝦夷古代語御門祭小放り

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上代の関連情報