コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沓巻 クツマキ

デジタル大辞泉の解説

くつ‐まき【×沓巻】

矢の篦(の)の先端で、鏃(やじり)をさし込んだ口もとを固く糸で巻き締めてある部分。また、その糸。篦巻(のまき)。口巻(くちまき)。
柱の下部に巻きつけた化粧金物。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くつまき【沓巻】

矢の篦の、鏃やじりを差し込んで糸を巻きつけた部分。口巻。のまき。鏃巻やじりまき。 →
柱の下部に巻きつけた装飾金物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

沓巻の関連キーワード篦巻・箆巻装飾金物根太巻篦巻鐘巻口巻鏃巻

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android