コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢住検校・沢角検校 さわずみけんぎょう

大辞林 第三版の解説

さわずみけんぎょう【沢住検校・沢角検校】

慶長(1596~1615)頃の盲人の琵琶法師。京都に住む。元来琵琶に合わせて語っていた古浄瑠璃の伴奏に、初めて三味線を使用したと伝えられる。沢住勾当こうとう。生没年未詳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

沢住検校・沢角検校の関連キーワード琵琶法師

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android