コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河村蜻山 かわむら せいざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河村蜻山 かわむら-せいざん

1890-1967 大正-昭和時代の陶芸家。
明治23年8月1日生まれ。京都市立陶磁器試験場を修了し,家業の陶業をつぐ。大正15年日本工芸美術会の創立に参加。昭和3年帝展無鑑査となり,帝展・新文展日展の審査員をつとめる。6年日本陶芸協会設立に参加。13年千葉県我孫子に,29年北鎌倉に窯をうつした。38年芸術院恩賜賞。昭和42年8月1日死去。77歳。京都出身。本名は半次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

河村蜻山の関連キーワード河村熹太郎中村 翠恒昭和時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android