創立(読み)ソウリツ

デジタル大辞泉 「創立」の意味・読み・例文・類語

そう‐りつ〔サウ‐〕【創立】

[名](スル)組織機関を初めてつくること。創設。「会社創立する」「創立記念日」
[類語]発足発会生まれる誕生出来る結成創業創設創始新設開設設立開業始業

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「創立」の意味・読み・例文・類語

そう‐りつサウ‥【創立】

  1. 〘 名詞 〙 会社、学校などを、はじめてつくりあげること。また、物事をはじめて成立させること。新たな説をうち立てること。創設。創建。そうりゅう。
    1. [初出の実例]「才力を尽して学べども、孔子更に言述創立する所あれば、卓爾として高遠也」(出典:応永本論語抄(1420)子罕第九)
    2. 「某銀行を創立(サウリツ)せんとて、其商議に来りしかば」(出典当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉八)
    3. [その他の文献]〔五代史‐朱珍伝〕

そう‐りゅうサウリフ【創立】

  1. 〘 名詞 〙 ( 「りゅう」は「立」の正音、「りつ」は慣用音 ) =そうりつ(創立)
    1. [初出の実例]「抑東校御創立(ソウリウ)以来」(出典:新聞雑誌‐七号・明治四年(1871)七月)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「創立」の読み・字形・画数・意味

【創立】そう(さう)りつ

創作。〔陳書、孫伝〕己に處すること易。~巧思人にぐ。書と爲り、軍國の械、創立する多し。

字通「創」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android