創立(読み)そうりつ

精選版 日本国語大辞典「創立」の解説

そう‐りつ サウ‥【創立】

〘名〙 会社、学校などを、はじめてつくりあげること。また、物事をはじめて成立させること。新たな説をうち立てること。創設。創建。そうりゅう。
※応永本論語抄(1420)子罕第九「才力を尽して学べども、孔子更に言述創立する所あれば、卓爾として高遠也」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉八「某銀行を創立(サウリツ)せんとて、其商議に来りしかば」 〔五代史‐朱珍伝〕

そう‐りゅう サウリフ【創立】

〘名〙 (「りゅう」は「立」の正音、「りつ」は慣用音) =そうりつ(創立)
※新聞雑誌‐七号・明治四年(1871)七月「抑東校御創立(ソウリウ)以来」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「創立」の解説

そう‐りつ〔サウ‐〕【創立】

[名](スル)組織や機関を初めてつくること。創設。「会社を創立する」「創立記念日」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android