家業(読み)カギョウ

デジタル大辞泉の解説

か‐ぎょう〔‐ゲフ〕【家業】

その家の生計を立てるための職業。生業。多く自営業についていう。「家業を手伝う」
代々、その家に伝わってきた職業。また、世襲的に継承していく技術や才能。「家業を継ぐ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かぎょう【家業】

その家の生計の基礎となっている職業。小規模の自営の職業にいうことが多い。 「 -の手伝い」
一族が世襲的に継承していく武芸や技術。 「文字の道をこそ、-とも嗜たしなまるべかりしに/太平記 12

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

か‐ぎょう ‥ゲフ【家業】

〘名〙
① 家の財産。一家の財産。
※続日本紀‐養老四年(720)三月己巳「庶使貧乏百姓、各存家業。〈略〉渉歴他郷歳忘帰。其中縦有過還本貫者、縁其家業散失、無存済」 〔漢書‐楊王孫伝〕
② 一族が世襲的に継承していく、武芸、芸能、学問などの固有の技術や才能。
※菅家文草(900頃)二・予作詩情怨之後、再得菅著作長句二篇「家業年租本課詩、情田欲倦莠言滋」
太平記(14C後)一二「中にも千種の頭の中将忠顕朝臣は〈略〉文字の道をこそ家業(カゲウ)とも嗜まるべかりしに」 〔列子‐天瑞〕
③ 家の職業
※浮世草子・日本永代蔵(1688)五「銘々家業(カゲウ)を外になして諸芸ふかく好める事なかれ」
※交易問答(1869)〈加藤弘之〉上「壱人は家を建るのを家業とし、今壱人は衣服を製(こしら)へるのを家業にする」
④ 法門に属する者がなすべき仕事。修道、修学をいう。〔空華日用工夫略集‐永和四年(1378)九月一一日〕

け‐ぎょう ‥ゲフ【家業】

〘名〙 一家の生計を立てる職業。また、家代々の職業。生業。かぎょう。
今昔(1120頃か)一「而に我が一門に出家せる者、独も无(な)くして、家業(けげふ)をのみ営めり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の家業の言及

【家事】より

… 第1に,〈生産〉や〈職業〉と対比される固有の〈家事〉領域の成立が挙げられよう。たとえば農業近代化以前の自給的農家においては,家事は農業生産と密接に結びつき,両者は〈家業〉として一体化されており,どこまでが家事でどこからが生産であるか,はっきり線を引くことができない要素があった。しかし,近代化の進行とともに工業化・商品化・被雇用労働者化が進むにつれて,〈家業〉は変容し,家庭内の私的な消費生活を受け持つ固有の〈家事〉と,外で社会的生産労働に携わりその対価として貨幣を稼ぐ〈職業〉とに分離した。…

【のれん分け(暖簾分け)】より

…17世紀以降,商人や職人の家屋の軒先に屋号,商品,商標などをデザイン化した暖簾を出すのが一般的になった。商人や職人が暖簾を重視するようになったのは,家業という特定の営業権や技術をもつ経営が成立していったことによる。家業として認められた営業を持続するために,主人と奉公人たちは擬制的家族関係の意識をもって経営を維持するようになり,また拡大するさいは暖簾分けという営業権の分与がなされていった。…

※「家業」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

家業の関連情報