コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家業 カギョウ

デジタル大辞泉の解説

か‐ぎょう〔‐ゲフ〕【家業】

その家の生計を立てるための職業。生業。多く自営業についていう。「家業を手伝う」
代々、その家に伝わってきた職業。また、世襲的に継承していく技術や才能。「家業を継ぐ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かぎょう【家業】

その家の生計の基礎となっている職業。小規模の自営の職業にいうことが多い。 「 -の手伝い」
一族が世襲的に継承していく武芸や技術。 「文字の道をこそ、-とも嗜たしなまるべかりしに/太平記 12

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の家業の言及

【家事】より

… 第1に,〈生産〉や〈職業〉と対比される固有の〈家事〉領域の成立が挙げられよう。たとえば農業近代化以前の自給的農家においては,家事は農業生産と密接に結びつき,両者は〈家業〉として一体化されており,どこまでが家事でどこからが生産であるか,はっきり線を引くことができない要素があった。しかし,近代化の進行とともに工業化・商品化・被雇用労働者化が進むにつれて,〈家業〉は変容し,家庭内の私的な消費生活を受け持つ固有の〈家事〉と,外で社会的生産労働に携わりその対価として貨幣を稼ぐ〈職業〉とに分離した。…

【のれん分け(暖簾分け)】より

…17世紀以降,商人や職人の家屋の軒先に屋号,商品,商標などをデザイン化した暖簾を出すのが一般的になった。商人や職人が暖簾を重視するようになったのは,家業という特定の営業権や技術をもつ経営が成立していったことによる。家業として認められた営業を持続するために,主人と奉公人たちは擬制的家族関係の意識をもって経営を維持するようになり,また拡大するさいは暖簾分けという営業権の分与がなされていった。…

※「家業」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

家業の関連キーワード小林徳右衛門(2代)茶屋四郎次郎(4代)紀太理兵衛(6代)帯山与兵衛(3代)ファミリービジネス江戸半太夫(6代)橘家円太郎(2世)紀太理兵衛(8代)紀太理兵衛(5代)紀太理兵衛(3代)加藤村三郎(3代)暮らしを立てる家長庄右衛門ほったらかす硯田・研田今井 五介小丸辰之進家族従業者安東嶷北吉田芝渓

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

家業の関連情報