コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河津桜 カワヅザクラ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

河津桜

南方系のカンザクラと、伊豆に多い大島桜の自然交配種とみられ、河津町の河津川河川敷で1955年に見つかった。早咲きのうえ、約1カ月間と開花期が長いのが特徴。

(2014-02-02 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

知恵蔵miniの解説

河津桜

桜の一種。学名「Prunus lannesiana Wils. cv. Kawazu-zakura」。オオシマザクラ系とカンヒザクラ系の自然交配種と推定されている。日本で一般的な桜となっているソメイヨシノより花色が濃い早咲きの桜で、ピンク色の花を1月下旬~3月上旬にかけて約1カ月間つけ続ける。1955年頃に静岡県賀茂郡河津町で発見され66年に初めて開花、74年にカワヅザクラ(河津桜)と命名された。75年には河津町の木に指定され、毎年「伊豆河津桜まつり」が行われている。神奈川県・三浦海岸でも2003年より河津桜による「三浦海岸桜祭り」が開催されており、ほか山口県上関町長島にある城山歴史公園など河津桜の名所が広がっている。

(2016-2-26)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

河津桜の関連キーワード古泉葵

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

河津桜の関連情報