コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一重/単 ヒトエ

デジタル大辞泉の解説

ひと‐え〔‐ヘ〕【一重/単】

そのものだけであること。重ならないであること。「唐紙―を隔てた隣室」「紙―」
花びらが重なっていないこと。単弁。「―の椿(つばき)」
一重瞼(まぶた)」の略。
単物(ひとえもの)」に同じ。「―の着物」 夏》「松籟(しょうらい)に―の衿(えり)をかき合はす/みどり女」⇔袷(あわせ)
単衣(ひとえぎぬ)」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちじゅう【一重】

ひとかさね。ひとえ。
ひときわ程度がはなはだしいこと。 「城へ切て入らんずる事は、又-の大事ぞ/太平記 34

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一重/単の関連キーワード刈り菰・刈り薦・苅り菰・苅り薦二重まぶた(二重瞼)ワンピースボールフォアインハンド山木千賀(3世)二重織り・二重織タングステン電球ポリアセチレンプレーンノットダブルリップMEZAIK三重項酸素飽和化合物天蚕糸結び新平湯温泉一重項状態ハナザクロ一重項酸素五重の扇ヒゴギク

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android