コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緋寒桜 ヒカンザクラ

4件 の用語解説(緋寒桜の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひ‐かんざくら【×緋寒桜】

バラ科の落葉低木。1~3月ごろ、葉より先に、濃紅色の花が半開きに下を向いて咲く。関東地方以南で庭などに植える。元日桜。寒緋(かんひ)桜。緋桜。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ひかんざくら【緋寒桜】

鹿児島の黒糖焼酎。酒名は、奄美大島を代表する桜で、蔵の近くの並木にもなっている緋寒桜にちなみ命名。素焼きの甕壺で仕込んだ醪(もろみ)を常圧で蒸留する。原料は黒糖、米麹。アルコール度数25%。蔵元の「大島食糧」は昭和25年(1950)創業。ホテル経営も手がける。酒造所の所在地は奄美市名瀬小浜町。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

緋寒桜

鹿児島県、大島食糧株式会社が製造する黒糖焼酎。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひかんざくら【緋寒桜】

ヒザクラの別名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

緋寒桜の関連キーワード奄美天下一黒糖焼酎あじゃ加那里の曙島のナポレオンじょうごれんと碧い海

今日のキーワード

参院選の日程

改選議員が任期満了を迎える7月25日の前30日以内に実施される。参院選を「18歳選挙」の対象とするためには6月20日以降の公示とする必要がある。投票日を通例の日曜日とすれば、候補は7月10日、17日、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

緋寒桜の関連情報