河道勾配則(英語表記)law of channel slope

法則の辞典の解説

河道勾配則【law of channel slope】

流域内で,ある位数をもつ河道の勾配について経験的に成り立つとされる法則.等落差則*ともいう.

Su は位数 u の河道の平均的な長さ,Rs は河道勾配比で,一つの流域内ですべての河道についてほぼ一定値をとる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android