コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沿層坑道 エンソウコウドウ

2件 の用語解説(沿層坑道の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えんそう‐こうどう〔‐カウダウ〕【沿層坑道】

石炭層に沿って掘り進めた坑道。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の沿層坑道の言及

【坑道】より

…炭層の下の岩盤の中の斜坑はおろし(卸)斜坑あるいは単におろしと呼ばれるが,坑内展開の基幹坑道で,ここから炭層に平行に片盤(かたばん)坑道を展開し,さらに目貫(めぬき)坑道で炭層に到達する。炭層に到達すると,ここから石炭の中を炭層に沿って沿層坑道を展開して採炭の準備が完了する。採掘された石炭は,いまと逆に,それぞれの払い(採炭切羽のこと)から沿層坑道→目貫坑道→片盤坑道→おろし斜坑を通って運ばれる。…

※「沿層坑道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone