泉 盈之進(読み)イズミ エイノシン

20世紀日本人名事典の解説

泉 盈之進
イズミ エイノシン

大正・昭和期の社会運動家,医師 解放運動犠牲者救援会初代書記長;元・日ソ協会理事。



生年
明治37(1904)年1月2日

没年
昭和58(1983)年9月13日

出生地
北海道室蘭市石川町

学歴〔年〕
東京歯科医学校中退

経歴
早くから洗礼を受け、学生時代から社会運動に入る。大正12年政治問題研究会に参加し、また無産者病院設立につとめ、大正15年労働農民党に参加。昭和4年の4.16事件で検挙される。のち歯科医院を開業し、6年日本労農救援会の設立に参加。20年解放運動犠牲者救援会の再建に参加し初代書記長となる。また新日本医師協会に加入、また日ソ協会理事などもつとめた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

荒唐無稽

[名・形動]言動に根拠がなく、現実味のないこと。また、そのさま。「荒唐無稽な小説」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android