再建(読み)さいけん

精選版 日本国語大辞典「再建」の解説

さい‐けん【再建】

〘名〙
① 焼けたりこわれたりした建築物をたてなおすこと。
※通俗酔菩提全伝(1759)四「再建(サイケン)(〈注〉フタタヒコンリウ)已に成といへども、只両廊影壁の画未成ず」
② 一度おとろえたりすたれたりしたものを、もう一度つくり上げること。
帰郷(1948)〈大仏次郎〉霧夜「あなたは、日本がかうなってから、再建に何か有益な働きをするつもりで帰朝された?」

さい‐こん【再建】

〘名〙 (「こん」は「建」の呉音) 建築物を建て直すこと。特に、神社、仏閣などを再び建立すること。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「或は何とやら寺の何やら堂。建立だの再建(サイコン)だのと、氏子や檀方(だんぱう)はいふもさら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「再建」の解説

さい‐こん【再建】

[名](スル)焼けたり壊れたりした神社や寺院などを建て直すこと。「本堂を再建する」
[補説]一般の建造物の場合は「さいけん」と読む。

さい‐けん【再建】

[名](スル)
焼けたり、壊れたりした建造物を建て直すこと。「倒壊した家屋を再建する」→再建(さいこん)
衰えたり、うまくいかなくなったりした会社や団体などをあらためて組織しなおすこと。「落ち目の政党を再建する」
負傷、手術などで失った部分をシリコンなどの人工素材を使ったり、自身の体の組織を移植したりして元のように形作ること。「再建術」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android