法定耐用年数

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

法定耐用年数

上水道は、常に満水で圧力がかかった状態で水を送るため、下水道よりも強度が求められる。法定耐用年数は、その効用が持続する期間とされ、国や水道事業者は寿命の目安ととらえている。地方公営企業法施行規則で、配水池から家庭や工場まで送る「配水管」を40年と定めている。

(2008-04-08 朝日新聞 朝刊 政策総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほうてい‐たいようねんすう ハフテイ‥【法定耐用年数】

〘名〙 税法上、減価償却の基準として定められている資産別耐用年数。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法定耐用年数の関連情報