コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

基準 きじゅん norm

翻訳|norm

3件 の用語解説(基準の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

基準
きじゅん
norm

一般的な用語としては,並み,すなわち平均的な水準のことであるが,しばしば社会的,実践的に望ましい性質や水準をさし,標準という意味で用いられる (→規範 ) 。統計的な意味をこめた心理学では,テスト得点の分布特性を示す指標として用いられ,被験者の粗得点を換算して標準得点を求めるための目安とされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

き‐じゅん【基準】

物事の基礎となるよりどころ。また、満たさねばならない一定の要件。「作品評価の基準」「設置基準
標準[用法]

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きじゅん【基準】

物事を比較・判断するよりどころとなる一定の標準。 「採点の-」 「 -が甘い」 「 -を満たす」 → 規準(補説欄)

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

基準の関連キーワード或る筋道創始手際済し崩しひょいひょい遣り方仕掛る弁ずる

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

基準の関連情報