波の標(読み)なみのしめ

精選版 日本国語大辞典「波の標」の解説

なみ【波】 の 標(しめ)

長く連なった波頭を、張り渡したに見立てていう語。
※賀茂女集(993‐998頃)「かぜふけばなみのしめゆふみたりあしのふしおきこひにしづむころかな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android