コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

波折り ナオリ

デジタル大辞泉の解説

な‐おり〔‐をり〕【波折り】

波がいくにも重なって寄せてくること。また、その所。
「潮瀬の―を見れば遊び来る鮪(しび)が鰭手(はたで)に妻立てり見ゆ」〈・下・歌謡〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なおり【波折り】

波が幾重にも重なり盛りあがること。 「潮瀬の-を見れば/古事記

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

波折りの関連キーワード潮瀬

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android