コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

波邇夜須毘古神 はにやすびこのかみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

波邇夜須毘古神 はにやすびこのかみ

古事記」にみえる神。
田畑の土壌をまもる神,土の神。伊邪那美命(いざなみのみこと)が火の神を生んだために,陰所(みほと)をやいて病床についたとき,屎(くそ)(糞)をしてその屎から波邇夜須毘売(びめの)神とともに生まれた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone