コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洛邑 ラクユウ

デジタル大辞泉の解説

らくゆう〔ラクイフ〕【洛邑】

中国代の都。今の洛陽市西郊に位置した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

らくゆう【洛邑】

紀元前一一世紀、周が王城を営んだ地。現在の洛陽市の西郊にあたる。 → 洛陽

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洛邑
らくゆう

紀元前11世紀、周公(しゅうこうたん)が建設したといわれる都市。中国河南省西部にある洛陽市の元になった。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の洛邑の言及

【周公】より

…周公の弟の管叔,蔡叔らが殷の紂王の子の武庚と結んで反乱をおこすと,東征を行って反乱者を鎮圧するとともに東方の異民族たちを平定。さらに周王朝の東方支配の拠点として東都洛邑(成周)を建設した。また周代の多くの礼楽制度が周公によって定められたとされ,《周礼(しゆらい)》《儀礼(ぎらい)》《易経》の爻辞(こうじ)なども,伝説的には周公の著述とされる。…

【洛陽】より

…それは,古代中国人がこの地を世界の中心と意識し,中土,中国,中原などと呼称したことを裏づけるもので,東周以後〈九朝古都〉となるのも由なしとしない。
【歴史】
 この地に都城が築かれるのは,前11世紀,西周初めの成王のときで,旧殷の勢力圏である東方経営の拠点で,〈王城(洛邑)〉と呼ばれた。現洛陽市街西部で発見された東周期と漢代の河南県城址は,王城の上に築かれた可能性が強い。…

※「洛邑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

洛邑の関連キーワード総合年表(北・東・東南アジア)ルオヤン(洛陽)特別市春秋戦国時代成王[周]黄河文明中国史周公旦成王幽王召誥東周平王犬戎淮夷

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android