コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洛邑 ラクユウ

3件 の用語解説(洛邑の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

らくゆう〔ラクイフ〕【洛邑】

中国代の都。今の洛陽市の西郊に位置した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

らくゆう【洛邑】

紀元前一一世紀、周が王城を営んだ地。現在の洛陽市の西郊にあたる。 → 洛陽

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洛邑
らくゆう

紀元前11世紀、周公丹(しゅうこうたん)が建設したといわれる都市。中国河南省西部にある洛陽市の元になった。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の洛邑の言及

【周公】より

…周公の弟の管叔,蔡叔らが殷の紂王の子の武庚と結んで反乱をおこすと,東征を行って反乱者を鎮圧するとともに東方の異民族たちを平定。さらに周王朝の東方支配の拠点として東都洛邑(成周)を建設した。また周代の多くの礼楽制度が周公によって定められたとされ,《周礼(しゆらい)》《儀礼(ぎらい)》《易経》の爻辞(こうじ)なども,伝説的には周公の著述とされる。…

【洛陽】より

…それは,古代中国人がこの地を世界の中心と意識し,中土,中国,中原などと呼称したことを裏づけるもので,東周以後〈九朝古都〉となるのも由なしとしない。
【歴史】
 この地に都城が築かれるのは,前11世紀,西周初めの成王のときで,旧殷の勢力圏である東方経営の拠点で,〈王城(洛邑)〉と呼ばれた。現洛陽市街西部で発見された東周期と漢代の河南県城址は,王城の上に築かれた可能性が強い。…

※「洛邑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

洛邑の関連キーワード夏官虞芮西郊卒伍冬官掌客ボルビック龍門石窟

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone