コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 しゅう Zhou; Chou

12件 の用語解説(周の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


しゅう
Zhou; Chou

中国古代の王朝 (前 1050頃~256) 。伝説上の祖を后稷 (こうしょく) という。もともと陝西または山西の奥にいた部族とみられるが,古公亶父 (ここうたんぽ) のとき,犬戎 (けんじゅう) の圧迫で渭水盆地にのぞむ岐山のふもとに移り,子の季歴から西伯昌 (→文王) ,武王の3代で体制を整備し,武王がを滅ぼし前 11世紀に建国した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しゅう〔シウ〕【周】

[名]数学で、図形を囲む閉じた曲線または折れ線。また、その長さ。円の場合は円周という。
[接尾]助数詞。あるもののまわりをまわる回数を数えるのに用いる。「トラックを三する」

しゅう【周】[中国の王朝]

中国古代の王朝。前12世紀末に、文王の子武王殷(いん)を滅ぼして建国。都を鎬京(こうけい)に置き、封建体制をしき、華北中原を支配したが、第13代平王の時(前771年)西方の犬戎(けんじゅう)の攻略を受けて東遷し、都を洛邑(らくゆう)洛陽)に移した。以後、王朝はしだいに衰微。前256年(一説に前249年)秦(しん)に滅ぼされた。東遷以前を西周、以後を東周といい、東周の約500年は春秋戦国時代にあたる。
則天武后が建てた王朝。武周。→後周(こうしゅう)北周

しゅう【周】[漢字項目]

[音]シュウ(シウ)(漢) [訓]まわり あまねし
学習漢字]4年
すみずみまで行き渡る。あまねく。「周知周到周密
まわる。まわり。「周囲周回周期周年周辺周遊一周円周外周半周
あわてる。「周章
中国古代の王朝名。「周易(しゅうえき)西周東周
[名のり]あまね・いたる・かた・かぬ・かね・ただ・ちか・ちかし・なり・のり・ひろし・まこと
[難読]周章(あわ)てる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

周【しゅう】

(1)中国,(いん)に次ぐ古代王朝。姓は姫(き)。初め渭水(いすい)盆地にあって殷の支配を受けたが,武王が前1050年ころ,殷を滅ぼして中原に進出,鎬京(こうけい)(現,西安市近郊)に都し,殷の神権政治より脱して封建制度をしき,多くの諸侯国を分封した。
→関連項目灰陶金石文散氏盤三星堆遺跡周公青銅器青銅器時代禅譲放伐宗法太公望中華人民共和国銅鏃版築文王文公毛公鼎木槨墓

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しゅう【周 Zhōu】

中国古代の王朝名,またこの王朝が存立した時代,文化の名にも使用する。前1050?‐前256年。《史記》によると,尭帝の農官であった后稷(こうしよく)が始祖とされる。后稷の15世後の子孫の武王が,前1050年ころ殷王帝辛(紂王)を牧野(河南省淇県)で破り,殷を倒して,王朝を創設した。この王朝は前771年に一度滅び,前770年東の成周洛邑(河南省洛陽市)に再興され,前256年第37代赧王(たんおう)のとき秦によって完全に滅ぼされる。

しゅう【周 Zhōu】

中国,南北朝時代の北朝の王朝。557‐581年。北周,宇文周ともいい,長安を首都とした。西魏の実力者宇文泰が病没すると,魏周革命が遂行されて,宇文泰の子の宇文覚が即位した(孝閔帝)。しかし実権は宇文泰の甥で宇文泰の遺嘱を受けた宇文護の手に握られた。宇文護は軍事と行政を独裁し,西魏以来の元勲を殺すなど宇文氏政権の確立に努めたが,他方では宇文覚を殺して宇文泰の庶長子宇文毓(いく)(明帝)を立てるなど,自己の地位の保持に努めた。

しゅう【周 Zhōu】

中国の唐代に,則天武后が建てた王朝。他の同名の王朝と区別して〈武周〉ともいう。690‐705年。唐朝の高宗の皇后として,660年(顕慶5)以後,病弱の高宗に代わり朝政をとりしきっていた武后は高宗の没後も中宗,睿宗の皇太后ながら,皇帝さながらの政務を行った。生家の武氏の一族を重用しはじめ,洛陽を神都と改名して事実上の首都にした。中国上古の理想の世とされた周王朝の再現をスローガンとするとともに,時あたかも中国社会に広く受容されてきた仏教を大いに利用して王朝革命を行った。

しゅう【周 Zhōu】

中国,五代最後の王朝。後周ともいう。951‐960年。後の枢密使,天雄軍節度使郭威(太祖)が建てた。彼は内政に意を用い,領域の安定支配をよくはかった君主であった。実子を後漢に殺されていたので,皇后柴氏のおいの柴栄(さいえい)を養子とした。これが五代第一の名君世宗で,地方節度使兵力を削減しつつ禁軍大改革を行い,それによって蜀の一部,南唐の淮南(わいなん)地域,さらに契丹領燕雲十六州の一部奪回に成功したが,途中で病没した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しゅう【周】

[1] ( 名 )
もののまわり。めぐり。周囲。
〘数〙 多角形・円・楕円などを形づくる線。また、その長さ。
( 接尾 )
助数詞。あるもののまわりをまわる回数を数えるのに用いる。 「トラックを四-する」

しゅう【周】

中国古代の王朝(前1050?~前256)。姫姓の国。殷に従属していたが、西伯(文王)の治世のあとを継いでその子武王が殷王紂ちゆうを滅ぼして建国。鎬京こうけいに都をおき、封建制をしく。前771年犬戎けんじゆうの侵入を招き、洛邑らくゆうに東遷。東遷以前を西周という。以後は東周といい、諸侯が分立する春秋戦国時代に相当する。
唐の則天武后が建てた王朝(690~705)。武周。 → 北周後周こうしゆう

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


しゅう

中国古代の王朝。周は西周時代(前11世紀~前771)と、東周時代(前771~前249)とに分けられるが、東周時代はほぼ春秋戦国時代にあたる。本項は西周を述べる。[宇都木章]

概観

伝説によると、周の始祖は帝堯(ぎょう)に仕えた后稷(こうしょく)であるという。その後、周族は戎狄(じゅうてき)の間に雑居し、公劉(こうりゅう)のときに(ひん)(山西あるいは陝西(せんせい)省)の地に居し、古公亶父(たんぽ)(太王)に至って陝西省の岐山(きざん)の地(周原)に国都を移した。これより次王季歴(きれき)(王季)の時期にかけて、周辺の諸部族を討って発展し、文王のときには西伯と称せられ、新都を豊(ほう)(陝西省西安)に営み、殷(いん)王朝と対抗する勢力をもった。次の武王は父の志を継ぎ、呂尚(りょしょう)(姜(きょう)姓族の首長)ら諸侯を従えて、紂王(ちゅうおう)を牧野(ぼくや)に討って殷を滅ぼし、鎬京(こうけい)(陝西省西安)を首都として周王朝を建てた(その時期は紀元前12世紀後半あるいは前11世紀後半)。考古学的調査によると、陝西省岐山県付近から、周初以来の遺跡、遺物が多く発見され、周初の歴史を物語る青銅器銘文もみつかっている。また宝鶏(ほうけい)県を中心に、「先周文化」とよばれる周族早期の文化の調査も行われている。さらに殷墟前期の武丁卜辞(ぶていぼくじ)のなかに「周方」の名がみえ、周は早くから殷の西方の「国」であったことが確かめられている。周都豊・鎬京の調査も進められ、現在ほぼその位置は明らかにされたが、城郭や王陵などは未発見である。
 武王は、滅ぼした殷の遺民を支配するために、紂王の子、武庚禄父(ぶこうろくほ)を封建し、さらに兄弟を諸侯として征服民を監督せしめたが、次の成王が幼少で即位し、武王の弟周公旦(たん)が摂政になると、兄弟の間に権力争いが生じ、これに武庚の反乱が加わって周室は大きく乱れた。周公は召公(しょうこうせき)らとともに乱を平定し、さらに東方諸部族を遠征して周室を再建し、一族・功臣を要地に封建してこれを周の藩屏(はんぺい)とし、洛邑(らくゆう)(河南省河南)を造営して東方支配の重鎮とした(成周)。近年の考古学的調査によると、周初の発展はほとんど殷の故地を覆うものであり、ことに東北は遼寧(りょうねい)省に及んでいたことが、召公一族の封ぜられた燕(えん))国の青銅器の発見によって明らかになった。
 周初の文化は殷文化を受け継いだものであることも明らかになったが、それはおそらく、殷代以来の諸部族が多く周王室に職事せしめられたからであろうといわれる。
 4代昭王、5代穆(ぼく)王のときは周の対外発展期で、昭王は南征して楚(そ)を討ち、穆王は西に犬戎(けんじゅう)を征し、東に徐夷(じょい)を討ったという。7代懿(い)王から9代夷王にかけて王威が衰え始め、次の(れい)王のときには、王室を支えていた諸侯の勢力が盛んになったうえ、王は卿士栄夷(けいしえいい)公を用いて悪政を行ったため、国人の反乱が生じ、王は(てい)(山西省霍(かく)県)に出奔したという(前841)。その後14年間、共和時代になるが、これは周公と召公の執政期とする説、あるいは諸侯が協力して政治を行ったとする説のほか、共伯和という諸侯の執政期であるともいう。前827年宣王によって周室は再興され、王はしきりに四夷を討伐したというが、この時期、諸侯の強大化はますます進んで独立化の傾向を示し、次の幽王の悪政を契機に、諸侯は離反し、周は申侯と犬戎の軍によって滅ぼされた。幽王の子、平王は東の洛邑で即位したが、王権は衰退し、諸侯が割拠する分裂時代となった。[宇都木章]

制度

周代は邑(ゆう)制(邑土)国家の時代といわれる。王室の直接支配地(王畿(おうき))は「郷遂制度」を中心にして、郊外の地には卿大夫(けいたいふ)の采邑(さいゆう)や公邑が設置されていた。封建諸侯(貴族)は周王室を大宗(本家)として、それぞれの封地に城市(邑)を営み、これを国と称した。諸侯はこの国都を中心にして、周囲の諸邑を支配し、これを鄙邑(ひゆう)とした。国には宗廟(そうびょう)、社稷(しゃしょく)を奉ずる貴族(公、卿大夫)のほか士、農、工、商の民が住し、彼らは国人とよばれ、軍事、政治の面でも活躍していた。これに対し鄙邑の民は野人とよばれ、貴族の采邑とされたり、国都へのさまざまな義務を課せられたりした。国人も野人も血縁共同体的な集団をなしており、農民は「井田(せいでん)制」によって組織されていたと伝えられるが、しかし共同体の性格についても、「井田制」の理解についても異論が多く、したがって貢、助、徹とよばれる税制もさだかでない。西周後半期の青銅器銘文には貴族の土地所有を示すものがあるから、邑共同体を基盤にしつつ、大土地所有(私田)が展開されていたものと思われる。したがってこの邑制国家の時代が奴隷社会か、封建社会かは理解の仕方によって異なる。[宇都木章]

文化

周代の文化は経書によって伝えられている。とくに王の詔誥(しょうこう)を収めた『書経』や、王室の雅歌や各国の歌を集めた『詩経』は重要であるが、そこでは周王は「天命」を受けて、徳をもって万民を治めるという政治的色彩の強い天の思想が展開されている。一方、数多い青銅器銘文(金文)からは西周時代のさまざまな儀礼が物語られている。また考古学的な調査研究によって青銅礼器のほか武器、車馬具、玉器、漆器、織物など優れた遺品が明らかになり、宮殿建築や墓葬の状態も解明されつつある。近年渭水(いすい)流域から出土する多くの青銅器や岐山県の宮廟跡の周代卜辞、あるいは貴族大墓の発掘は人々の注目を集めている。[宇都木章]
『貝塚茂樹・伊藤道治著『中国の歴史1 原始から春秋戦国』(1974・講談社) ▽天野元之助著『中国社会経済史――殷周之部』(1979・開明書院) ▽白川静著『金文の世界――殷周社会史』(平凡社・東洋文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【殷周美術】より

…中国の殷・周王朝の時代から秦による統一までを扱う。はじめ(か)に天下を治める徳があったとき,遠方の国々は物の図を献じ,鼎(てい)を鋳てその図を彫り込んだ(《左氏伝》)という。…

【中国思想】より

…しかし近来は文化人類学の研究成果から,天の崇拝は本来東アジアから中近東にかけての遊牧民族の信仰から生まれたとする説が有力になった。この線に沿って考えると,前12~前11世紀ごろ西北部に進入して新王朝を立てた周は,もともと遊牧部族であったと推定されるから,天の信仰はこの周の部族が中国に持ちこんだものと思われる。ただ周はまもなく農耕生活に移ったので,天の神も農業神の性格を持つようになったのであろう。…

【則天武后】より

…中国,唐の高宗の皇后であったが,高宗の死後,唐に代わって朝(武周)を建てた。在位690‐705年。…

【唐】より

…首都は長安(陝西省西安市)で副都が洛陽(河南省洛陽市)。王室の李氏が北周王室の宇文氏,隋王室の楊氏とともに,北魏が北辺に配置した6軍団の一つである武川鎮軍閥の出身であるという共通点をもっていたこともあり,唐の政治と制度には北周と隋のそれらを継承するものが多い。唐朝の国号は,李淵の祖父李虎が漢の太原郡にあたる唐国公の封爵を北周より受け,また李淵が隋より唐王に進封されたことに由来するという。…

【武周革命】より

…中国で,690年に唐の睿宗(えいそう)の生母である太后の武氏(則天武后)が,皇帝となって国号をと改め,唐朝を中断させたことをいう。病弱の高宗に代わって政務を決裁してきた武后は,朝廷における実権を掌握してしまい,683年(弘道1)に高宗が亡くなると,武后の子である太子哲が即位して中宗となったが2ヵ月たらずで廃され,つぎに立った睿宗もまったくの傀儡(かいらい)にすぎなかった。…

※「周」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

周の関連キーワード中央中里中田中野中山町中根中台中尾ひょうど中町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

周の関連情報