コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

活魚艙 かつぎょそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

活魚艙
かつぎょそう

釣りのための生餌を入れておく魚艙。カツオ一本釣り漁業では,餌はすべて生きた餌を使用し,主として片口いわし,真いわしが用いられる。したがってかつお漁船は活魚艙を備えて,出港前に生餌を補給し,漁場まで生かして,まき餌として使い,散水とともに擬餌針で獲物を釣る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かつぎょそう【活魚艙】

船の中に設けた、魚介類を生かしたまま入れておく水槽。活け間。かめ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

活魚艙の関連キーワード魚介類

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android