擬餌針(読み)ぎじばり

  • 擬餌針/擬餌×鉤

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

釣餌の一種で,活 (いきえ) に似せてつくったにせ餌。普通,釣針と一体をなしている。鳥の羽,動物の,フグやサバの皮,ビニル,鉛・スズなどの金属片,プラスチック,ゴムなどでつくられ,動かして生きているように見せかけ魚を誘う。オイカワウグイなど川釣り用には毛針とか蚊針などと呼ばれる昆虫に似せたもの,海釣り用にはスズ,鉛,動物の角などを小魚やエビの姿に細工し,その上にビニルや魚の皮などを張ったものが用いられるが,釣りのスポーツ化とともに,ますますその種類がふえている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の擬餌針の言及

【釣針】より

…しかし,現在でも注文生産が残っている。 釣針には生餌(なまえ),活餌(いきえ),練餌などをつけて用いるが,擬餌針といって,羽毛,獣の角や骨,木などで餌と見誤らせるようにつくったものがある。水中を引き回すので生餌ではちぎれてしまう引縄釣りでおもに用い,〈ばけ〉〈つの〉〈ひきづの〉などという。…

※「擬餌針」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android